2018.02.09
意外と知らない紫外線のおはなし
curator
Hadamanma編集部

肌の老化の主な原因と言われる紫外線(UV)

美しい肌を育み守るためには、紫外線から肌を守るケアが欠かせません。


そもそも紫外線とは「太陽光線」のひとつです。ウルトラバイオレットライト(ultraviolet light)といい、UVと略されます。


太陽光は私たちにとってなくてはならないものですが、浴びすぎるとデメリットばかり……。


紫外線を浴びた直後に肌を変化させるだけでなく、長い時間を経て肌の老化を加速させてしまう紫外線。時には体の健康被害を引き起こすこともあります。


ただし、紫外線の影響は「防ぐことのできる肌ダメージ」です。

紫外線から肌を守るために、ぜひ知っておきたいことがいくつかあります。



紫外線には種類がある

UVA・UVB・ UVCの違いと影響

ひと口に紫外線と言っても、種類があることをご存じですか?

紫外線は、波長の長い順からUVA(A波)→UVB(B波)→UVC(C波)と3種類あります。


大きな違いは、地上まで届くか届かないか。


オゾン層を通過する時に吸収されてしまって届かないものがUVC。逆に地上まで届くものがUVAとUVBです。


地上に届いてしまうUVAとUVBこそトラブルの原因。

具体的にどのような影響があるのでしょうか。



UVBとUVAってどう違うの?
お肌への影響は?

地上に届くUVAとUVBにも、大きな違いがあります。どのような違いがあるか、比較しながらみていきましょう。


まずは〔日焼けのタイプ〕。


例えば海に行った帰り道、肌がヒリヒリと真っ赤になった経験はありませんか?


これはUVBによる日焼け(サンバーン)が引き起こす炎症。逆に、肌が黒くなる日焼け(サンタン)を引き起こすのがUVAです。


ヒリヒリ火照って赤くなる日焼け(サンバーン)=UVB

少し間をおいて肌が黒くなる日焼け(サンタン)=UVA


このように同じ日焼けでも、大きく2種類に分かれるのですね。


それでは、UVBとUVAの〔到達レベルと影響スピード〕はどう違うのでしょうか?


UVBは肌表面の細胞を傷つけて、急激な変化を与えます。サンバーンで起こった炎症は、太陽光を浴びてから半日ほどでピークを迎えるので、UVBはスピードタイプなんですね。


逆にUVAは、じっくりタイプの紫外線です。

肌の奥深くまで到達してじわじわと肌に影響を及ぼします。肌の奥にどんどんUVAが入ってくると、その防御反応でメラニン色素が生まれるのですね。このメラニン色素がたくさん生成されることで肌が黒くなるのです。



さて、〔日焼けの種類〕も〔到達レベル〕も〔影響スピード〕も全く違うUVBとUVA。

当然ながら、起こってしまう〔肌トラブル〕にも違いが……。


UVBによって傷つけられた肌表面の細胞は、メラニンが増えたり、酵素が活性化したりと肌サイクルが乱れがちに。

その結果、シワ・たるみの原因を作ってしまいます。


では、UVAはどうでしょうか。

UVAは肌の奥底の真皮にまで到達するほどのパワーがあります。そのせいで、コラーゲンやエラスチンのような保水成分に影響を及ぼしてしまいます。また、すでに肌の中で生成されたメラニンを濃くするんですね。

結果、シワ・たるみ・シミ・そばかすなどの原因となってしまいます。



こうして比較してみると、UVBとUVA、どちらの紫外線も美肌には大敵です。


知れば知るほど「とにかく紫外線を避けなくちゃ!」と焦ってしまいますが、UVBとUVAは、強さや降り注ぐ量にも違いがあります。



それぞれの〔地上に到達する量〕と〔強さのピーク〕はどう違うのでしょう?


UVBは波長が短い分、地上に到達する量は全紫外線の約10%と比較的少なめです。外出時はなるべく日傘を使うなど、できるだけ直射日光に当たらないようにするとUVBから肌を守ることができます。


強さは季節によっても違い、5月頃から増え始め、夏(6月~8月)が最大になります。



UVAはUVBと違って、一番強くなるのは5月頃。夏じゃないんですね!

冬はほんの少し弱まりますが、それでも一年中しっかりと降り注ぎます。しかも、雲やガラスにも遮断されないので、「曇り空だから大丈夫、室内だから平気」といった油断は禁物です。



紫外線のタイプを知ることが
紫外線対策の第一歩

紫外線はほんの短い時間でも体内に蓄積されてしまいます。

さらに、UVBとUVA、季節や生活シーンに合わせてなど、こまやかな対策が必要です。


どうすれば、美肌の敵・紫外線を確実に防ぐことができるでしょうか。


また次回、日焼け止めの選び方や塗り方のコツをしっかりご紹介していきますね!

おすすめ商品RECOMMEND ITEM
Edited byHadamanma編集部