2018.07.27
毛穴の目立たない肌をつくるには?
食事とスキンケアの法則。
curator
Hadamanma編集部

Tゾーンや小鼻周りに起こりやすい、いやな毛穴の開き。

どうすれば改善・予防できるのでしょうか。

すぐに思いつくのは丁寧な洗顔!保湿!

確かにその通りなのですが、残念ながらそれだけでは、大人の肌は輝きません。

大切なのは、肌の内側からと外側からの、理にかなったスキンケア。

食と化粧品の両面から、トータルケアをお伝えします。


なぜ、毛穴が目立ってくるの?

ちゃんとお手入れしているつもりなのに、

なぜ毛穴って目立ってくるのでしょうか。

毛穴の汚れを徹底的に落とすため、洗顔が大切だと思う方もあるでしょう。

確かに洗顔も重要ですが、それだけではありません。

まずは、毛穴が目立つ原因を考えましょう。


原因1 皮脂の過剰分泌

大量の皮脂が分泌されると、毛穴の周りの角質層が皮脂に覆われてしまうため、古い角質層が落ちにくくなり硬くなります。

触るとざらつきを感じるなら、それは正常に落ち切れなかった古い角質。

毛穴から出た皮脂が角質層を覆い、古い角質が剥がれ落ちることなく溜まってしまい、盛り上がってしまうのです。

毛穴まわりだけ剥がれない角質が積み重なり、厚く、硬くなった状態ですね。

これがあるとターンオーバーが乱れ、肌の生まれ変わりが鈍って、毛穴が目立ってきます。

洗顔が正しく行われず、毛穴まわりの皮脂や汚れを落としきれていない場合も、このような状態になります。



原因2 乾燥

全体は乾燥しているのに、毛穴にだけ皮脂が多く、同じ箇所にニキビを繰り返すという方もあるでしょう。

肌の表面には皮溝(ひこう)と皮丘(ひきゅう)と呼ばれる部分があり、これらがいわゆる「肌のキメ」を形成しています。

「キメが細かい」肌というのは、皮丘に水分がたっぷり含まれてふっくらとしており、皮溝の幅が狭くなった肌のことです。

このような肌の質感はなめらかでツヤがあり、毛穴も目立ちません。

しかし乾燥すると、皮丘はしぼみ、皮溝の幅が広がり、肌はデコボコとして毛穴が目立つようになります。



原因3 お肌のたるみ

加齢に伴い、肌が弾力やハリを失うと、毛穴が垂れ下がり、涙型・縦型になり目立ってきます。

こうなると、もう肌の表面の問題ではありません。

肌の内側のたるみ、ハリや弾力不足から毛穴が目立ってきているのです。

化粧品での外側のケアでなく、食事を通した内側からのお肌づくりで解決しましょう。



開いた毛穴は、元に戻らないの?

開いてしまった毛穴は、残念ながら、

魔法のように瞬間的に閉じることはできません。

しかし、お肌の外側からと内側からのケアをしっかりすれば、

徐々に目立たなくすることは可能です。


【1】 化粧品のケア

まずはともかく、角質層を徹底的にケアすることが重要です。


1 洗顔でターンオーバーを活発に!

不十分な洗顔で汚れを残すと、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を鈍らせ、毛穴まわりの角質を厚く硬くしてしまいます。

まずは、毎日の丁寧な洗顔で、汚れをきちんと落とすことが、毛穴を目立たなくするための第一工程です。

時間が経つと、皮脂汚れの酸化が進みます。

帰宅したらなるべく早く、汚れを落としましょう。

汚れを落としたいからと言って、ゴシゴシこすっては逆効果です。

刺激を与えないよう、優しく丁寧に。

正しい洗顔法は、以前の記事をご参照ください。

https://hadamanma.com/archives/629



2 しっかり保湿して絶対乾燥させない!

化粧水、乳液を正しく使って、乾燥に強い肌づくりをしましょう。

チャッチャッと表面を濡らすだけでなく、コットンを使って角質層全体をうるおすことが大切です。

正しい保湿法は、以前の記事をご参照ください。

https://hadamanma.com/archives/668



【2】食事のケア

お肌のたるみに関しては、化粧品による外側からのケアではどうにもなりません。

毎日の食事に気をつけましょう。

・肌をつくるための、材料となる栄養素

・乾燥に負けないため、肌の水分と脂質のバランスを保つ栄養素

これらをバランスよく栄養を摂ること。

特に下記の栄養素が重要です。


〈肌の原料〉

・コラーゲン…豚足、鶏皮、手羽先、軟骨、牛すじ、ゼラチンなど


〈肌のコンディションを保つ〉

・ビタミンA…緑黄色野菜、レバー、うなぎなど


〈脂質、水分の代謝調整役〉

・ビタミンB群

ビタミンB1…豚肉、うなぎ、たらこ、ナッツ類など

ビタミンB2…豚レバー、鶏レバー、牛レバー、牛乳など

ビタミンB6…かつお、まぐろ、バナナなど

ビタミンB12…牡蠣、さんま、あさり、ニシンなど


〈酸化ダメージを回復〉

・ビタミンC…野菜、柑橘類など果物、焼き海苔など

・ビタミンE…植物油、ナッツ類など


〈肌細胞にしっかり酸素を届ける〉

・ヘム鉄…豚レバー、鶏レバー、牛もも肉、しじみ、あさりなど


「毛穴の目立たない肌づくり」とは、「元気な肌づくり」そのものなのです。

日頃からの十分な栄養摂取と、洗顔と化粧品による丁寧なケアで、毛穴の目立たないキメの細かいツヤ肌は作られます。

そしてなるべく甘いもの、脂っこいものを避けて、季節の、色の濃い野菜を摂ること。

緑黄色野菜には、肌に必要なβカロテンが豊富です。

たっぷり摂ることで、新陳代謝が上がり、肌が整ってきます。


スキンケアは外側と内側両方のケアが基本ですが、特に毛穴の開きに関しては、角質層の奥の真皮の問題が無視できないのですね。

夏は特に、色の濃い野菜が美味しい季節。

楽しくもりもり食べることが、毛穴の目立たないきめ細かい肌づくりになるなんて、おいしい話だと思いませんか。

今日も、おいしく楽しくきれいになりましょう!

おすすめ商品RECOMMEND ITEM
Edited byHadamanma編集部