2018.09.06
秋のスキンケアを考える。
(夏のダメージ回復〜化粧品編〜)
curator
Hadamanma編集部

「危険な暑さ」と連日報道されるほどの酷暑に苦しんだ夏も終わり、過ごしやすい時期が来ましたね。

この夏は、楽しくお過ごしになりましたか?

夏の終わり、秋の初めは、スキンケアで最も大事な時期です。

夏のダメージはとても大きいのですが、特に今夏は猛暑で、高温による影響が強かったので、なるべく早く、しっかり回復させたいですね。

冬は、乾燥という刺激がやってきます。

その前の秋にしっかりお肌の元気を取り戻すことが大切。

今回は、夏に受けたダメージを回復するための、化粧品でのケア、食でのケア、2回にわたって両方から取り上げていきます。

今回は化粧品編です。

夏に受けたダメージを回復するための、化粧品でのケア


夏のダメージって?

まず、夏の名残は、肌にどんな変化を及ぼしているのでしょうか。


夏のダメージ肌の具体例 〜こんな症状、ありませんか?〜

夏のダメージ肌の具体例 〜こんな症状、ありませんか?〜


なぜ、そうなるの?

夏のダメージを受けた肌を放っておくと、いったいどんな状態になってゆくのでしょうか。

原因別に、その影響を考えてみましょう。


1.汗によるダメージ

・汗をかいてそのままにしておくと、肌のPHバランスが崩れてアルカリ性に傾き、刺激に敏感になります。

・毛穴の皮脂詰まりから、菌に対して弱くなった肌ではニキビや吹き出物が悪化しやすくなるのです。

・毛穴の開きも目立つようになります。


2.紫外線によるダメージ

・メラニンの増加でシミ、くすみが増え、ニキビ跡やそばかすも濃くなります。

・保護作用によって角質が厚くなり、ゴワゴワとざらついて、透明感も失われます。

・角質の保湿因子がダメージを受けるので、肌が乾燥します。

・表皮細胞のはたらきが低下し、ターンオーバーのサイクルが遅れます。

・真皮細胞のはたらきが低下し、コラーゲンなどの組織のダメージで、肌のハリ、弾力が低下します。

紫外線によるダメージ

強い紫外線を浴びて肌が赤くなるサンバーンは、きちんと冷やせばそのうち白く戻りますが、サンタンは放っておくと、上記のような恐ろしい肌ダメージを引き起こすのです。


3.温度・湿度によるダメージ

・クーラー病で自律神経が乱れ、肌の機能全体が低下します。
結果、ターンオーバーの遅れ、保湿力の低下、真皮コラーゲンの生産低下などが起こります。

参照記事:エアコンに負けない肌づくり。
https://hadamanma.com/archives/801

・外気温で汗をかいた後、室内のクーラーで乾燥するため汗の処理が不足しがちになり、乾燥や敏感肌の原因を作ります。


4.栄養不足と冷えによるダメージ

・暑さで食欲が低下して、食べ物はあっさり・さっぱりしたものに偏るため、油脂類に多く含まれるビタミンAとビタミンEが不足しがち。

・冷たいものの飲み過ぎやクーラーで体が冷えて血液循環が悪化。

・胃腸が弱り、栄養の吸収不足が起こり、肌への栄養と酸素供給が悪くなります。その結果、表皮のターンオーバーが遅れて角質の乾燥、肥厚が起こり、ハリや弾力が低下します。

・栄養や酸素が不足すると肌の抵抗力が低下して、刺激に敏感になります。


5.手入れ不足によるダメージ

・夏は汗や皮脂の分泌が多くて肌表面がしっとりするため、潤いがあると感じて保湿を怠りがち。

・イベント続きで忙しく、疲れて帰宅後のケアを短時間で済ませてしまうことで、潤い不足から乾燥、かさつき、くすみが生じやすくなります。


秋口のスキンケアのポイント

保湿をたっぷり丁寧に。

時間差でW使いも有効!


いつもの化粧水パッティングを、時間差でもう一度行う“W使い”を。

ダブルで行うことで、肌の奥までしっかりと保湿しましょう。

時間のあるときは、ローションパックもオススメ。

コットンやマスクを使って行いますが、この時期は特に、乾いてきたコットンにローションを継ぎ足して、5〜10分置くと良いでしょう。
化粧水を使うタイミングは、洗顔直後。
なるべく時間を置かず、すぐにつけることも忘れずに。


優しくマッサージ。

乳液も、時間差でW使いを!


乳液やクリームは、普段の使用量を顔全体に伸ばした後、指先の力を抜いて顔の中心から外に向けて優しくマッサージするようになじませます。

さらにその上から、普段の使用量の半分くらいを、乾きやすい部分を中心に重ね塗りしましょう。

秋口のスキンケアのポイント

いかがでしたか?

今日は、この時期特に気をつけて行いたい外からのスキンケアについて、お話ししました。

これらのケアは、夏のダメージに対策すると同時に、これから来る厳しい冬への備えにもなります。

どうぞこの時期のスキンケアタイムを、大切にお過ごしください。


次回は、食のケア「秋のスキンケアを考える(夏のダメージ回復〜食のスキンケア編〜)」をお届けいたします。


今日のお肌の調子はいかがですか。

今夜もきちんとしっとりを実感して、お休みください。

おすすめ商品RECOMMEND ITEM
Edited byHadamanma編集部