2018.09.04
食べるスキンケア vol.7
夏の紫外線ダメージ回復「レモンライスのパクチー盛りプレート」
curator
Hadamanma編集部

夏の強い日差しに、疲れ気味のお肌を癒したい、この季節。

野菜ソムリエプロ・フードコーディネーターの古金陽子さんと考える「食べるスキンケア」第七回は、お疲れ肌を癒し、ダメージを秋に残さないための回復メニュー。

人気のパクチーが山盛りいただける、爽やかなレモン味のライスは、目にも鮮やかです。

さらにサモサとのワンプレートで、紫外線ダメージを回復するのに必要な栄養を取り入れます。


雑穀米とレモンのビタミンは、日焼け戻しに欠かせない栄養素。

パクチーのビタミン群やカリウム、鉄も有効です。

また、えびのタウリンは肝機能を向上するため肌も改善。

葉の部分だけ使いがちなパクチーの茎も、刻んでサモサの具にするため、無駄なくすべての栄養を吸収できます。



レモンライス


【材料】

米 1合

三十雑穀 黄(タンパク質・ビタミン) 大さじ1

ターメリック 小さじ1/4

塩 小さじ1/4

ショウガ汁 小さじ1/2

コンソメ 1個

レモン(ビタミンC) 1/2個

パクチーの葉 1束分(ビタミンA,B2,C・カリウム・鉄)



トッピング


レンコン(ビタミンB12,C・カリウム・ムチン・食物繊維) 適宜

紫キャベツの塩もみ(ビタミンK,U,C・アントシアニン・ジアスターゼ) 適宜

レモン くし切り1/2個分


【準備】

・レモン半個分を輪切りのスライスにする

・パクチーを葉と茎に分ける

・紫キャベツを千切りにして塩を振っておく

・レンコンをスライスにする


【作り方】

1 米を洗い、雑穀を入れたら1合分の水を入れ、ターメリック・塩・ショウガ汁・コンソメを入れて混ぜる。

2 レモンは輪切りのスライスにして、ご飯の上に並べて炊く(炊飯器の通常モードで炊きます)

※レモンから水分が出るので、雑穀を入れた分の水は足しません。



エビサモサ


【材料】

えび(タウリン・ビタミンE) 100g

パクチーの茎(ビタミンA,B2,C・カリウム・鉄) 1束分

クミンパウダー 小さじ1/8

カレー粉 小さじ1/4

塩 小さじ1/4

餃子の皮 15枚程度


【作り方】

1 エビは細かく切り、パクチーの茎はみじん切りにする

2 1とクミンパウダー・カレー粉・塩を混ぜ合わせる

3 2を餃子の皮に包む

4 160度の油で、きつね色になるまで2分ほどあげる(レンコンの素揚げをトッピングするなら、この時一緒に揚げる)


【盛付け方】

レモンライスが炊けたら、皿に盛り、パクチーを乗せる。エビサモサ・レンコンの素揚げ・紫キャベツ(水気を絞る)・レモンのくし切りを盛り合わせる



古金陽子(野菜ソムリエプロ・グラフィックデザイナー)

レシピ:古金陽子(野菜ソムリエプロ・グラフィックデザイナー)


「食卓が暮らしをデザインする」との考えを元に、

広告の仕事をしながら、家庭料理を研究するフードコーディネーター。

「作りこみすぎない美味しいご飯」がコンセプト。

地域野菜のPRなどを手がけるとともに、

季節の野菜やレシピを紹介する二児の母。



今回のレシピに使用した商品



三十雑穀(黄)

おすすめ商品RECOMMEND ITEM
Edited byHadamanma編集部