2018.10.04
夏の髪ダメージから復活し、ツヤ髪を取り戻す方法。
curator
Hadamanma編集部

夏が終わると、髪のダメージはかなり進んでいます。日焼け止めで守られている肌以上に、強い紫外線や汗、海水などの栄養で傷んでいるのです。パサつき、枝毛・切れ毛、カラーの褪色で、髪は悲鳴を上げています。


加えて、これから乾燥しやすい時期になると、乾燥する時期特有のトラブルも起きやすくなります。


肌と同じくらい、髪は見た目の印象を大きく左右するパーツ。艶やかで豊かな髪は、印象アップに大きく貢献します。早くダメージを取り除いて、健康的なツヤを取り戻したいですね。


肌と同じで、髪の美容も「内から」と「外から」のアプローチが必要です。今回は、正しい髪のダメージ補修法についてお話しします。



食べるヘアケア。海藻が良いって本当?

昔はよく、ワカメや昆布を食べると黒々とした髪が生えてくると言われていました。確かにミネラルは髪に良い栄養ですが、髪に届くのはごくわずか。海藻類の黒っぽい色が、日本人の黒髪のイメージに近く髪に良いと思われていただけかもしれません。


髪の主成分は、アミノ酸が結合してできた「ケラチン」と呼ばれるタンパク質です。ケラチン合成のために、食事からタンパク質を摂取することが、髪には良いのです。


摂取したタンパク質は、胃でアミノ酸に分解され、吸収されます。これがケラチンとして再合成されるためには、ビタミンやミネラルといった栄養のサポートが必須です。美しい髪のためには、野菜や果物も必要ということです。


食べるヘアケア 海藻が良いって本当?

ビタミンC

アミノ酸は、胃で分解され血液に送り込まれますが、きちんと髪まで届けるためにはビタミンCが必要。野菜や果物も積極的に摂るようにしましょう。


ビタミンB

皮膚のターンオーバーを支えるビタミンBは、当然ながら、頭皮の新陳代謝にも欠かせない栄養素です。豚肉やレバー、アボカドに豊富に含まれています。


ビタミンE

ビタミンEの抗酸化作用は血液を元気にします。魚卵やモロヘイヤ、赤ピーマン、ゴマ、ブロッコリーなどに含まれます。油で吸収率が高まる特徴があります。


イソフラボン

さらに、女性ホルモンに似た成分として人気のイソフラボンを多く含む大豆は、薄毛に悩む人にもうれしい栄養素。元気な髪を育てるために、大豆製品は毎日摂りたいですね。


鉄分・亜鉛

鉄分は、健やかで丈夫な髪を作るために欠かせない栄養分。亜鉛は、アミノ酸をケラチンへ合成するために働きます。鉄分はほうれん草やレバーに、亜鉛は牡蠣や豚肉に多く含まれています。


髪を美しくするためには、様々な食材をバランスよく摂る必要があります

こうして見ると、髪を美しくするためには、さまざまな食材をバランスよくいただく必要があるということが、よく分かりますね。


ちなみに、コーヒーやお酒を摂りすぎると、カフェインやタンニンの影響で体内の栄養、特に鉄分の吸収を阻害します。飲み過ぎには注意したいですね。



髪の土壌「頭皮」のケアも忘れずに。

ヘアケアで見落としがちなのが「頭皮」づくり。健やかな髪を育てるための「土壌」になる頭皮も、タンパク質でできています。頭皮は、いわばお肌の延長にあります。


髪の土壌「頭皮」のケアも忘れずに。

頭皮は皮脂分泌量が多いため、実は体の中で一番汚れがたまりやすいところ。栄養摂取でインナーケアして整えつつ、頭皮の汚れもしっかり落とし、清潔に保つことを意識しましょう。


土壌を豊かに耕すために、質の良いシャンプーを使用し、マッサージオイルでしっかりと毛根を刺激することで、頭皮を柔らかく保ちましょう。


シャンプーするときは、事前にていねいにブラッシングを。こうすることで、汚れが浮いて洗いやすくなります。シャンプーは、爪でなく指の腹を使って、前から後ろへと頭皮をマッサージするように洗います。


地肌をマッサージするようにシャンプーします。

そしてすすぐ時は、髪の泡を取るだけでなく、髪の根元・地肌からしっかりと。シャンプーよりも時間をかけて、しっかり洗い残しのないようにすすぎましょう。


頭皮にシャンプーが残っていると、毛穴詰まりやフケの原因に。綺麗な髪を育てるために、頭皮を美しくしてくださいね。



髪を劇的に変える、スペシャルヘアパック。

市販のトリートメントを使用したことのある方は多いと思いますが、なじませてすぐにすすぐ、または10分ほど放置してすすぐと説明されている商品が一般的です。


しかし、この時期に特にオススメしたいスペシャルケアは、「Yasaiヘアパック」を使った、スペシャルヘアパック。


髪を劇的に変える、スペシャルヘアパック「Yasaiヘアパック」

10分でもサラサラを実感できますが、せっかくなので、ここはもっと長い時間パックしたいところ。オススメは、30分以上です。以前、商品撮影のため2時間パックしたモデルさんは、その後1週間サラサラが続き、寝ぐせもつかなかったそうです。


忙しくて2時間はさすがに無理でも、いつもより長い時間のパックを実践すれば、有効成分がしっかりと浸透し、まるで生まれ変わったように若返った髪に、うっとりしていただけるはずです。


トリートメントは、頭皮に付けないように気をつけましょう。毛先を中心にたっぷり塗って、指を使って髪の毛一本一本に行き渡らせてください。


頭皮に付けず、毛先を中心に塗りましょう。

そして重要なのは、加温です。温めることで有効成分の浸透を促進します。


ゆっくりお風呂を楽しめるときに、トリートメントをつけた髪をシャワーキャップやホットタオルで巻いて、湯船でゆっくり30分、半身浴をしましょう。


髪に加温してたっぷり栄養を行き渡らせます。

長く湯船に浸かるのが苦手な方は、お風呂を出る前にトリートメントを塗布。シャワーキャップかホットタオルをターバンのように巻いて、30分間ゆっくり過ごしましょう。


サウナなどに入るときこそ加温のチャンス! 髪にトリートメントを塗布し、ターバンして、できるだけ長くサウナに入りましょう。イオン吸着&科学的吸着&熱による吸着で、髪しっとり。


トリートメントを髪によく浸透させたら、流水でよくすすぎましょう。アウトバス用(洗い流さないタイプ)ではないトリートメントが髪に残ったままだと、成分が変質し、頭皮や髪を傷める原因になることも。


ヌルつきがなくなるまで、よくすすぎましょう。しっかり浸透させていれば、すすいだ後も髪のしっとり感は残ります。



お湯の温度は38℃を目安に…

そしてしっかり洗い流した後は、生乾きのまま放置せず、すぐ乾かしましょう。タンパク質は熱により弱く変質します。極力熱を加えないよう、事前にしっかりとタオルドライしてドライヤーの時間を短くします。


乾かす時は、熱が一カ所に当たりすぎないように、ドライヤーと髪の距離を20cmくらい離し、ドライヤーを常に振りながら当てると、熱ダメージも加わりにくく、全体を乾かすことができます。


乾かすのは、根元から。根元だけを乾かすつもりでドライヤーを当てていても、毛先は自然にある程度乾いてきます。



ドライヤーを振りながら、根元に風を当てましょう。

できれば週に一度はこのディープケアを行い、補修効果を高めていただきたいところです。



髪にも野菜を。Hadamanmaのヘアケア。

Hadamanmaが提案するヘアケアは、野菜や植物の力で髪の美しさを引き出すもの。ヘアケアにも、食べ物の栄養を取り入れて、自然から豊かで艶やかな美しさをいただきましょう。


洗いながら補修する、野菜のヘアエステ

Yasai シャンプー&ヘアパック

http://tamachanshop.jp/201506/298


髪の「土壌」を育てる、植物生まれのスキャルプケア。

Kusakiスキャルプシリーズ(シャンプー&マッサージオイル)

http://tamachanshop.jp/201506/225


ていねいなケアで、秋冬も美しい髪で過ごしましょう。

おすすめ商品RECOMMEND ITEM
Edited byHadamanma編集部